屋根塗装の工事の流れ


屋根塗装は、洗浄→塗装が基本の流れです。
もちろん、足場の設置や、養生・シートも必要です。

足場・養生・シートの設置

屋根塗装では、周辺住宅への飛び散りを防ぐためのシート設置がなかなか大変です。
足場にシートを張り、建物を囲うのですが、特に洗浄時には周囲にかなり飛び散るので、
しっかり高めにシートを設置しておかなければなりません。

高圧洗浄

次に重要なのは、なんといっても洗浄です。
屋根には汚れや苔が多く、そのまま塗料を塗っても、あっという間に剥げてしまいます。
必ず、高圧洗浄を丁寧に行ってくれる業者を選びましょう。

乾燥・錆止め

洗った後は、しっかり乾燥させてから塗料を塗ります。
少なくとも、洗浄した日は洗浄のみの作業で終わるはずです。

その後、鉄骨部分に錆止めを塗るなどの付帯加工を行っておきます。

下塗り・縁切り

しっかり乾いてから、下塗りを行います。
塗料の密着を高めるために塗るので、まだ色は鈍い色です。

また、塗った後に「縁切り」という作業をします。
雨水の流れる溝を、下塗りで塞いでしまわないために行います。

悪徳手抜き業者は下塗り・縁切りを行わないので注意。

中塗り・上塗り

塗料を重ねて塗ります。

軒天・破風・樋も同時依頼しておくと良いですね。

付帯部分の加工など

破風など、付帯部分の加工を行ってくれることもあります。

その他、窓の清掃や足場の解体、庭の掃除など細かいところまで配慮してくれる業者が理想です。


あわせて読みたい