外壁塗装時の高圧洗浄の役割



外壁塗装時には、塗料を塗布する前に、高圧洗浄を行うのが最良です。
高圧洗浄とは、高い水圧の水を吹きかけることによって洗浄すること。
壁をきれいな状態にしてから塗料を塗布することによって、より美しく、
より長持ちする塗装が可能になります。

高圧洗浄するとどうなるか

外壁を高圧洗浄すると、汚れやホコリなどをきれいに落とすことができます。
藻やコケなどが付着している場合には、それらも一緒に落とします。

さらに、すでに塗ってある劣化した塗膜も、高圧洗浄で一緒に落とすことが可能です。
素人がブラシなどで掃除しても、なかなかこの劣化した塗膜がきれいに剥がれませんから、
やはり高圧洗浄を業者にお願いする方が良いでしょう。

高圧洗浄の役割

高圧洗浄は、なにもきれいに掃除することが目的ではありません。
大切なのは、新しい塗料をしっかりと密着させること。
汚れや劣化した塗膜がついていると、新しい塗料が密着せず、
またすぐに塗料が剥がれ落ちてしまうのです。

高圧洗浄は、やれば必ずきれいになるというわけではありません。
「高圧洗浄をしてはいるけれど汚れをざっと落としただけ」なんて状態だと、
結局は数年後にまた塗装の必要が生じてしまいます。

高圧洗浄の際、手抜きをせずにしっかり剥がれかかっている旧塗膜を落としてしまうことが大切。
きっちり剥がすには、半日~丸1日程度がかかりますから、工程予定をよく確認しておきましょう。


あわせて読みたい