下塗り-シーラー&フィラー


外壁塗装は、3回塗りが普通です。
3回のいちばん始めを「下塗り」といいます。

下塗りでは、多くの場合「シーラー」を塗るか、「フィラー」を塗ります。
業者によっては、これらを塗る工程を下塗りのさらに前段階の処理として
扱っているところもありますが、多くの場合には下塗りでシーラーを塗っています。

シーラーの役割

シーラーには、新しい塗料を密着させる効果があります。
また、密着力を高めるだけでなく、塗料を壁が吸い込んでしまうのを防ぐ効果もありますから、
この後塗料を塗る際に、塗りやすい素地にするのも大きな役割です。

シーラーにもさまざまなものがあり、壁の種類や立地条件などによっても使い分けます。
一般の住宅では、水性系のシーラーを用いることが多いですが、
壁がシーラーを吸い込んでしまうような場合には、溶剤系のシーラーを用いますし、
さらには防藻効果のあるものや、サイディング用のものなどもあります。

フィラーの役割

シーラーを下塗りに使うのが一般的ですが、場合によってはフィラーを使用する場合もあります。
また、シーラーを塗った上にフィラーを塗るような場合もあります。

フィラーが用いられるのは、壁に細かいひびが見られる場合です。
フィラーは、シーラーほど密着性が高くありませんが、弾性のあるフィラーがあるため、
小さな亀裂が見られるのならフィラーを使って大きなクラックにならないよう予防します。


あわせて読みたい