遮熱塗装って?



ここ数年の節電ブームで人気を集めているのが「遮熱塗料」です。
名前のとおり、熱を遮断してくれる塗料で、年々暑さの厳しくなっていく日本では、
まさに注目の塗料。賢く利用したいものです。

遮熱塗料とは

遮熱塗料とは、屋根や外壁などに塗ることによって、室内の温度変化を軽減する塗料のことです。

特に、夏の暑い日差しから家を守ることに長けていて、立地条件などにもよりますが、
真夏は1~2度程度ですが室内の温度上昇を抑えてくれます。

遮熱塗料のしくみ

遮熱塗料には、室内の温度を著しく低くするような力はありません。

いくつも種類が出ていますが、遮熱塗料の基本的なしくみは「日差しをしっかり反射する」こと。
特に、人が温かいと感じるのは赤外線なので、
赤外線を反射して屋根や壁などに熱を溜めないようにしています。
外気の熱を遮断するような力はありませんから、
部屋の中が特別涼しくなるということはありませんが、それでもかなりの節電になります。

遮熱塗料で嬉しいのは、熱による劣化も軽減してくれるということ。
特に屋根表面の温度は、通常に比べて15度も低くなるというデータがあり、
高熱による劣化を軽減できます。

遮熱塗料の冬は…?

実は遮熱塗料、冬にも赤外線を反射してしまうので、冬は寒いです。

そこで、遮熱ではなく断熱効果も付加するものが出てきました。
断熱は遮熱とは違い、熱の行き来を防ぐので、中の温かい空気を外に逃さない働きがあります。

外壁用もあるの?

ダイテックでよく使っているパラサーモは外壁用もあります。
外壁で使用することで壁面からの、紫外線、可視光、赤外線を反射することで熱を遮ります。
屋根と外壁を両方を遮熱塗料を使用する相乗効果が期待できます。
お勧めの組み合わせです。


あわせて読みたい