屋根塗装-屋根の傷み方



屋根は、家の中でもっとも紫外線や雨の影響を受けやすい場所です。
特に紫外線は、塗料を劣化させる大きな原因で、雨も近年は酸性雨が普通ですから、
やはり塗料を大きく劣化させます。
特に傷みやすい場所であるといえるでしょう。

屋根はどう傷む?


まずは、冒頭に書いた「紫外線」です。
光劣化は著しく、南側など特に日に当たる場所から傷んでいきます。
塗料の光劣化で特に見られるのが、塗料の剥がれ。
色あせ程度で気付けば良いですが、放置しておくと下地がはっきり見えるほど
塗料が剥げ落ちてしまっています。
特に、色の濃い屋根ではこれが目立ちます。

雨は全体的に当たりますが、水のたまりやすい場所は、コケやカビが発生しやすい他、
トタンなどの場合にはサビや腐食も発生します。
特に北側の屋根では、その傾向が強く、塗膜を餌にカビが発生していることも。

屋根によっては、ズレや割れ、反り、釘抜けなどの痛みも見られます。
この場合、漏水(雨漏りなどの原因)や、強風時に飛ばされるなどの危険が高く、
早急に補修しなければなりません。

屋根の痛みは屋根だけで済まない

屋根の痛みは、屋根だけでは済みません。
特に雨から家を守っている部分ですから、耐水性がなくなるだけで、
屋根の内側に害が及んでいる可能性もあります。

傷みがひどい場合には、一度剥がして内側のチェック&補修も必要になる場合があります。
あわせて注意しましょう。


あわせて読みたい