外壁クラックの補修方法


外壁にできたクラック(ひび割れ)は、早めに補修しなければなりません。
そのまま放っておくと、そこから浸水し、内の建材を腐らせたり、
虫や菌を繁殖させる原因となってしまいます。

外壁にできたクラックの補修には、「シーリング」と呼ばれる柔軟性のある素材が使用されます。
特に、モルタル壁のクラックの補修には、シーリング材が使用されることが多いです。

サイディング等の場合には、サイディング自体を交換する場合も多いです。

シーリングはVカットして入れる

以前は、シーリングをそのままクラックに塗布していましたが、
近年では周囲の壁を少し削ってV字にカットし、
そこにシーリングを埋め込むという補修方法の方が一般的です。

Vカットしてからシーリングを入れることで、しっかり深くシーリングを入れることができるため、
同じ位置にクラックができにくくなります。
また、周囲の壁より出っ張ったりもしないので、上から塗料を塗ると隠れます。

クラックがあまりにも深い場合には、U字に削って特別に補修する場合もあります。

樹脂モルタルも充填

さらに、Vカットしてシーリングを充填した後に、樹脂モルタルを充填する施工業者が増えています。
こうすることで、表面はより美しくなり、クラック跡がかなりきれいに消えます。

自分で応急処置をすることもできなくはありませんが、悪化してからではより補修に時間とコストが
かかりますから、できるだけ早めに業者に依頼する方が賢明です。


あわせて読みたい