外壁のシーリング・コーキング


外壁にクラック(ひび割れ)が生じた際などには、よくシーリング施工を行います。

シーリングとは、本来「封印する」という意味ですが、外壁の補修では「埋め合わせる」に近いです。
そのため、本来「隙間を塞ぐ」という意味の「コーキング」という言葉が使われることもしばしばあります。

シーリング材で気密性&水密性UP

外壁にシーリング材を充填するのは、主に外壁にできたクラック(ひび割れ)を補修するためです。

外壁のクラックは、そのまま置いておくと水が入り、
柱など内の構造物を腐食させる原因となってしまいます。
逆にいえば、クラックを補修するのは、水などが中に入り込まないようにすることが
重要だということです。

シーリング材は、伸縮性のある素材であるため、多少外壁が寒暖や乾湿により伸縮しても
あわせて伸縮し、水などがそこから入りこまないようにしてくれます。
つまり、水密性を維持してくれるというわけですね。
同時に、気密性も維持できます。

コーキングの補修も大事

さて、シーリングと混同されることの増えているコーキングですが、
コーキングは「もともと隙間を埋めているもの」として区別されるべきものです。

サイディングの壁などの場合には、必ず継ぎ目があり、
継ぎ目から水が入らないようにコーキング材が埋められています。

クラックはモルタル壁に多いですが、サイディング壁ならコーキングの割れが圧倒的に多いです。
クラックと同様に、早めに修繕しましょう。


あわせて読みたい