カラーベストの屋根



「カラーベスト」とは、化粧スレート屋根の代名詞で、そもそもは商品名だったものが広く広まり、
今では他社の化粧スレート屋根材もカラーベストと呼ばれることがあります。

カラーベストの「ベスト」は、
「アスベスト(=石綿)」が短くなったもので、石綿とセメントを混ぜて固めたもの。
5~6mm程度の薄い屋根材で、従来の瓦に比べると非常に軽く、耐久性にも優れるため、
洋風・和風問わず、広く用いられている屋根材です。

カラーベストの塗装


カラーベストは、10年程度で塗り替えするのが一般的です。
もっとも、カラーベストにもさまざまなものがあり、
塗り替えなくても性能にはまったく問題がないものも増えています。
塗料も良い物が増えてきているので、塗料を選べば、美しい状態をもっと長く保つことも可能です。

カラーベストの屋根を塗り替えてもらう場合には、
洗浄→シーラー塗装(下塗り)→中塗り→上塗り→縁切りの工程を経ます。

「縁切り」に馴染みがないかもしれませんが、カラーベストの場合、
重なり部分に隙間が開いているのが普通。
この隙間がないと、通気性が悪く、雨漏りの原因となってしまいますから、縁切りは必須の工程。

これを面倒に感じて吹き付け塗装を選択する業者もありますが、
ローラー塗装なら必須ですからよく確認してください。

その他、カラーベストの場合は屋根に鉄部もありますから、鉄部への配慮も必要になります。


あわせて読みたい