外壁塗装を長持ちさせるコツ


外壁塗装の塗り替えは、なかなかに面倒で、しかも高額です。
ですから、一度塗ったらできるだけ長く持たせたいもの。
どうすれば、外壁塗装を長持ちさせることができるのでしょうか。

新築5年で塗り替える

実は、新築住宅の外壁塗装って案外脆いもの。
新築の住宅は、どうしても建材の伸縮が大きくて、外装にも負荷をかけやすいからです。
だから、家を建てたら5年くらい待って一度塗り替えを行なっておくと長持ちします。

下地処理を徹底しておく

塗り替えでもっとも重要なのが、下地処理。
単に上に塗り重ねたのでは、すぐに剥げ落ちてしまうからです。
この時に、ひび割れなども塗りこんで補修することが長持ちする大事なポイントです。

場所に合った塗料を選択する

塗料もいろいろ。
立地環境によって、適切な塗料を選択することが重要です。
日当たりの良いところでは、紫外線に強い塗料を選ぶのが必須だし、
湿気が多かったり降雨量が多かったりするのなら、防水性や伸縮率の高い塗料が適しています。
他にも、汚れに強いものや耐久年数の多いものなど、さまざまなものがありますから、
適切な塗料についてはダイテックがしっかりとアドバイスいたします。

やさしく水洗い

塗装後は、日頃からお手入れをしましょう。
基本は水洗い。
もっとも、すでにひび割れが見られたりするような場合には、水は厳禁ですし、
塗料によってメンテナンスの方法は異なるので注意しましょう。
ひび割れや塗料の浮き、カビ、サビなどがないかもチェックし、あれば早めの対策を。


あわせて読みたい