外壁塗装のカラーを決める注意点



外壁を塗り替えるとき、”気分を変えて新しい色にしよう”と考える人も多いですね。
ただ、「カラーサンプルと実際に塗ってもらった色味の印象が違う」なんてこともしばしば。
外壁塗装のカラーを決める時には、いくつかの注意が必要です。

2トーン暗い色を選ぶ

カラーサンプルで見る色は、とても小さい面積ですね。
この小さなサンプルで見るのと、実際に外壁に塗ってみるのとでは、印象が全く異なります。
外壁に塗ると、思っていたよりもいくらか明るい色になるのです。
ですから、自分のイメージのカラーサンプルより、2トーンくらい暗めの色を選ぶのがおすすめ。
特にオレンジ系や薄いブルー系の色の場合、
塗ってみるとかなり鮮やかな印象になるので注意です。
「こんなに派手にするつもりはなかったのに…」なんてことになりかねません。

 

屋根や近隣住宅とのバランスをみる

外壁を心機一転、違う色に変えようと思う時、自分の好みだけでなく、
周囲にある他の色とのバランスを考えることも重要です。
例えば、屋根。
屋根の色と合わない外壁の家は、非常にちぐはぐな感じがして不恰好です。
他にも、塀やフェンス、門扉、窓枠など、周囲とのバランスを見ましょう。
また、近隣の家からあまり浮いてしまうと、場合によっては苦情の原因に。
街の景観を損なわない配慮も必要です。
細かいところまで配慮しながら選びましょう。


あわせて読みたい