外壁の種類


外壁には、いくつかの種類があります。
日本で現在、もっとも一般的に使用されているのは、「サイディング」と「モルタル」ですが、
その中にもさまざまな種類のものがあり、塗装も外壁の種類に合ったものを選ぶ必要があります。

サイディング

近年の新築でもっとも多いのが、サイディングです。
板状の外壁材で、工場で作られたものを現場で施工していきます。
窯業系(ようぎょうけい)、金属系、合成樹脂系など、その原料はさまざまで、
耐久性や塗装の頻度などメンテナンスには商品差が大きいです。

モルタル

 現在外壁塗装の需要が多いのは、モルタルです。
モルタルは、砂やセメントなどを混ぜて練り上げたもので、形の自由度が高く、以前は主流でした。
モルタル自体は水に弱く、塗料を吹き付けることによって耐水性を高めています。
塗り替えの際には、ローラー施工が行われることもあります。

ALC(軽量気泡コンクリート)

近年増えているのが”Autoclaved Lightweight Concrete”というパネル。
見た感じがモルタルと似ていますが、モルタルよりも耐火性が高く、
ひび割れも入りにくく、加工もしやすいので近年増加傾向にあります。

塗り壁

 昔ながらの土壁や漆喰などがこれに当たります。
左官が塗って現場で作るもので、モルタルも左官仕上げなので本当はここに含まれます。

石・レンガなど

他に、石材やレンガが使われることもありますが、日本の一般住宅では少ないですね。


あわせて読みたい