モルタル


モルタルは、砂とセメントと水を混ぜて練り、
ペースト状にしたものを左官が塗り固めて壁を作ります。
以前は日本住宅のほとんどがモルタル壁だったため、
現在も外壁塗装の塗り替え対象にはモルタル壁が多くあります。
しかし、わりと施工が面倒でメンテナンスも多く必要であるため、
施工・コストの両面から、モルタル壁は減少の傾向にあります。

モルタルの利点

モルタルは、ペースト状で目地に使われるほど自由度が高いため、
どんな形の壁にでも使用できるため、割高だと言われる今でも好んで使用する人がいます。
近年主流のパネルタイプのものとは異なり、パネルの継ぎ目が見えたりすることもありません。
左官が塗った後、上から塗料を吹き付けて仕上げるので、色も自由に選ぶことができます。

モルタルの欠点

モルタルの使用が減少傾向にあるもっとも大きな点は、施工が面倒であるということです。
施工期間も長いし、熟練した左官職人が必要であるため、コストも高くなってしまいます。

また、モルタル自体は水に強いのですが、モルタル壁はひび割れができやすく、
そこから水が入り込んでしまうという意味では耐水性がありません。
これを防ぐためには、耐水性・伸縮性のある塗料をしっかり塗り、
こまめにメンテナンスすることが必要になります。

とはいえ、塗料も以前より良い物ができていますし、
塗り替え自体はサイディングよりも容易で安価に済むようになっています。


あわせて読みたい