モルタル外壁の塗り替え時期の目安


モルタル外壁とは、大きく端折って簡単に言えば”セメントの壁”です。
モルタル外壁は、水に弱いのが大きな特徴。
もともと防水性能が低く、塗装によってその欠点を補っているのです。
そのため、モルタル外壁の場合、外壁塗装の塗り替えは手を抜くことができません。
小さな隙間からでも水が入ってしまい、ひび割れや内部の木材の腐食にもつながります。
こまめにチェックして、早めに外壁を塗り替えることが重要です。

白い粉がつく

壁を指で触って、手に白い粉がついたりすることはありませんか?
ちょっと壁にもたれていたら洋服が真っ白に、なんて経験がある人もいるかもしれません。
それは「チョーキング」という現象。
防水能力が低下し、雨水をはじかなくなっている証拠です。
このタイミングで依頼して頂くとベストです。

ひび割れ

壁面にひび割れが見られる場合も、早急に塗り替えが必要です。
ひび割れには、壁そのものが割れている「クラック」と
塗装部分だけが細かくひび割れている「ヘアクラック」とがあります。
どちらも放置できない状態ですから、早急な塗り替えが必要な時期とみていいでしょう。

剥がれやカビ

塗装が剥がれ落ちたり、その一歩手前でふくれあがってしまっていたりする場合にも、
塗り替えが必要な時期です。
また、カビが発生したり、藻がついているような場合には、
高圧洗浄を行った後に塗り替えを行うことをお勧めします。


あわせて読みたい