サイディング、塗り替え時期の目安


近年増えているのが、サイディング外壁です。
サイディング外壁は、窯業系・金属系・合成樹脂系など、さまざまな素材があるため、
ひとくくりにするのは難しいですが、やはり壁を注意して眺めてみると
塗り替え時期のサインを見つけることができます。

白い粉がつく

壁を指で触って、手に白い粉がついたりすることはありませんか?
ちょっと壁にもたれていたら洋服が真っ白に、なんて経験がある人もいるかもしれません。

それは「チョーキング」という現象。
防水能力が低下し、雨水をはじかなくなっている証拠です。

特に、窯業系サイディングの場合には、水が染みこんでしまう可能性が高くなっていますから、
早急に塗り替えを依頼して頂くとベストと思われます。

目地が割れている

サイディングは、ボードを組み合わせて作られています。
そのため、サイディングをつなぎあわせている部分というのがあるのですが、
劣化するとその部分のコーキングが切れ、目地が割れてしまいます。
この隙間から水が侵入し、特に窯業系サイディングはひどく劣化する可能性があります。
特に雨水が浸水しやすいところですから、早急に塗り替えを依頼して下さい。

金属系はサビが出ることも

窯業系は水を含んでボロボロになりやすいため、
特に注意が必要なのですが、実は金属系もサビに注意しなければなりません。

一見するとカビのように見えるかもしれませんが、
実はサビが塗料の前にまで出てしまっている…ということも多いので注意しましょう。


あわせて読みたい